プロフィール

チムチム

Author:チムチム
花より男子の二次妄想文です。
基本的には、司×つくしが好きです。
完全に趣味の範囲で、内容は、管理人の妄想です。
素人ですので、温かい眼差しで読んで下されば、嬉しいです。
もし、趣味に合わない方がいらっしゃいましたら、ページをお閉じ下さいm(_ _)m
楽しいページを目指しています。ハッピーエンドが目標です。
無断でコピー、その他の、迷惑行為だけは、ご遠慮願います。
それでは、よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問ありがとうございます

閲覧者さま

現在の閲覧者数:

リンク

リンク

フリーエリア

ランキング

良ければポチッとお願いします‼︎ ↓

FC2Blog Ranking

応援ありがとうございます。

ゆめうつつ
司とつくしの小夜曲 ー アンテナ&ウォッチ完結編 後編 part2 ー
(後編 part2)


楓に胡散臭そうに見られ、つくしは居たたまれず、出来れば今すぐ回れ右して帰りたかった。
しかし、ガッチリと肩に置かれた手と、射すくめるように見る楓の視線を受け、体が硬直したように、動かなかった。

「牧野さん。あなたに再会した事は、私にとって嬉しい出来事とは言えません。久しぶりに帰宅して見たら、家の中にネズミが走っているのを見た時のような気持ち、と言ったらわかってもらえるかしら?」

鉄の女と呼ばれる楓の言葉は相変わらず容赦なく、つくしはますます肩身が狭くなって、居心地の悪さに体をモゾモゾ動かした。

「牧野はネズミじゃない。テメェがどう思っているのか知らないが、オレの気持ちは高校の時から変わってねぇ。オレが好きになって、女と思えるのは、恐らくこの先も、ここにいる牧野だけだ。オレから牧野を引き離すつもりなら、こちらにも考えがある。アンタの言いなりになるしかなかった学生時代と、同じだと思うなよ。」

司は敵がい心むき出しで、楓を睨みつけた。
そんな司を、感情のこもらない目で一瞥すると、楓は「場所を変えましょう。」とだけ言って、サッと背を向けて廊下を歩き出した。司とつくしも、話が必要なのはわかったので、黙って後に続いた。

楓が入ったのは、簡易応接室のような部屋だった。
簡素だが上質な革張りのソファと、同じく簡素で上質な、マホガニーのローテーブル。
床のペルシャ織の絨毯は、まだ誰も踏んだことが無いかのように、フカフカだった。
上質で、格調高く、だが…冷たい。
つくしは部屋に入った途端、寒くもないのにブルッと身震いした。
こんな邸で暮らす道明寺が、何だか可哀想になった。

この邸には、人の温もりが少ない。
狭いがぬくぬくとした家庭で育ったつくしにとって、道明寺邸はいつもよそよそしく、自分の体温まで吸い取られるような気がした。

「そこへお掛けなさい。」

楓は、ソファへと二人を促した。
計ったようなタイミングで、邸のメイドがお茶を運んで来た。

タマさん元気かな…。

メイドの姿を見て、つくしは昔、世話になったタマの姿を思い出したが、あれから随分たつ。もう、とっくに引退していても不思議はなかった。
何とはなしに、下がって行くメイドの姿を目で追っていたが、今はタマの消息を聞けるような状況ではなかった。

「さて。それでは司さん。牧野さんを交えてお話しましょう。率直に聞きます。司さん、さっき伺った、牧野さんについてのあなたの気持ちは、本気なのですか?」

「ああ。これが本気じゃねぇっつうなら、本気なんてクソ食らえだな。」

「…そうですか。ひとつ言っておきますが、司さん。あなたはまだ若いのです。何も牧野さんに拘らなくてもよろしいのではなくて?これから、もっと条件の良いお嬢さんを、いくらでも紹介します。あなたの好みの、黒髪が美しくて、優しいお嬢さんをきっと探すと約束しましょう。牧野さんの方も、道明寺に縛り付けるのは酷というものです。本当に牧野さんのためを思うのなら、自由にして差し上げるのが、筋というものではなくて?」

「ふ、そうだよな。ババァもたまには、いい事言うじゃねぇか。牧野を自由にするのが筋…。確かにそうだよな。オレも出来れば、そうしてやりたい。だがな…ダメなんだよ。」

司は楓に向かってと言うより、自分自身に向かって語りかけているようだった。

「オレが牧野を忘れようと、努力しなかったと思うか?何度も忘れようとした。だが、ダメなんだ。忘れようとすればするほど、気がつけば牧野をどこかに探している自分がいる。夢の中で明るく微笑むコイツがいて、ハッと目を覚ますといつも一人きりで、気が狂いそうになる。しまいには昼間にまで幻を見るようになって、もう限界だと思った。オレは、コイツなしでは生きて行けない。他に代わりなんていないんだよ。姿形がいくら似ていたところで、いくら素晴らしい素養を持っているお嬢だとしたって、牧野にはなれない。この、平凡で気が強くて真っ直ぐな小さい女だけが、オレを癒してくれるんだ。女々しいと言いたいなら、言うがいいさ。道明寺司は、本当はこんな情けない男なんだよ。」

司は、片手で自分の癖の強い巻き毛をグシャッとかき回し、肘を太腿について、目を閉じた。
その顔には、苦悩がにじんでいた。

楓はそんな司の独白に近い言葉を、冷淡にも見える無表情で黙って聞いていたが、やがて今度はつくしの方を見た。

「牧野さん。司はこのように申していますが、あなたの方はどういうおつもりなのかしら?司と結婚出来れば、道明寺の財産はあなたの物になります。どう、嬉しいかしら?」

「待て、ババァ。それは違う!牧野にはウチの財産なんて、全く関係のない話だ!!」

「おだまりなさい。司さん、あなたに聞いている訳ではありません。私は牧野さんに質問しているのです。」

司はギリッと奥歯を噛んで、まだ楓に詰め寄りそうな様子だったが、つくしがそれを手で制した。

「道明寺のお母様。楓社長とお呼びしてよろしいでしょうか?ご挨拶が遅れましたが、お久しぶりです。あた…私は今は、小学校で教師をしています。この春からは、留学を考えています。道明寺家の財産のお話ですが、気にならないと言ったらウソになります。…と言っても、嬉しいという意味ではありません。私にとっては財産なんて、邪魔なだけの存在…。例え道明…司さんと結婚する事があったとしても、道明寺家の財産に触れるつもりはありません。」

楓はつくしの答えを、無表情に聞いていた。
つくしは、今まで楓をじっくりと眺めた事は無かった。
しかし今、改めて見てみると、後ろにまとめられた髪の生え際が少しほつれ、陽にすかされている。
相変わらず厳しい表情だが、少し…疲れて見えた。

「そうですか。しかしそれでは困ります。もし道明寺に入ったら、あなたには、道明寺家の妻として、道明寺家の財産を適正に管理する義務があります。」

司の表情がパッと輝いた。

「牧野との結婚を許してくれるのか!?」

楓はため息をついた。

「私もNYでの生活が長くなり、考え方も少し変わりました。元々道明寺家にしたところで、祖父の代に今の土台が築かれたのです。それを生かすも殺すも、あなた達次第。お好きなようにやってみたら良いのです。ただし、牧野さんには一通りのプログラムを、これからNYでこなしてもらいます。その中にはもちろん、語学のプログラムも入っています。」

「やリィ!!」

司はつくしをギュッと抱きしめ、喜んだ。

その時、部屋の外から、ガヤガヤと賑やかな物音が聞こえて来た。


(続く


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村













続きを読む
スポンサーサイト
ケンカしました。笑
すっすみません!

今週もお話、完全に仕上がっていないため、アップ出来ません。
3月から引き続き、4月もとてもドタバタしており、昨夜はどちらが家事をやるかでケンカしました。

深刻ではないので、大丈夫です。しょうもない理由ですから(笑)

また次の週末明けあたりに、良かったら覗いて見てもらえたら、嬉しいです。
それでは、またm(_ _)m。


チムチム


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 後編 part1 ー
(後編)


「…いえ。私は。牧野さんと道明寺さん、お二人を見て良くわかりました。僕の入る隙なんてないってね。どうかお二人、幸せになって下さい。牧野さんの幸せそうな笑顔が好きなので、ぜひまた職場でも、幸せオーラをお裾分けして下さいね。…え、僕ですか?ははは、完膚なきまでにフラれてしまったので、むしろ気分はスッキリしていますよ。今夜は家に帰って、ひとっ風呂浴びたら、もう休みます。それでは牧野さん、それから道明寺さんに花沢類さん、同窓会、楽しんで下さい。私はひと足お先に失礼します。あ、牧野さん、月曜日には職場で、今まで通り同僚としてよろしくお願いしますね。」

チラッと笑みを見せ、軽く手を上げると、加藤はもう振り返る事無く、出口に向かった。
おそらくかなり無理をしているのだろう。頑なに見える背中は、しかしひどく弱々しく、必死で虚勢を張っているように見えた。

そんな加藤の背中に向かって、つくしには、かける言葉が見当たらなかった。
どんなに可哀そうに見えても、ここで言葉をかける事は、さらに傷をえぐる行為だったから。

しばらく無言で座っていた三人を、西田がこれ見よがしにチラチラ時計を見ながら、待っていた。

「さっ。オレ達も行くぞ。」

司の一言で、三人も席を立った。
つくしは、どうしたものかとまだ迷っていたが、仮にここで自分が「帰る。」と言ったところで、また言い争いになるだけだ。
…まあ、みんなにも会いたいし。滋さんにも、参加を考えてみると約束したしね。
そう思い直し、素直に司の後に続いた。
類は、自分の車で移動するようだ。「じゃ、後でね。」と言い残すと、車を呼び出していた。

荷物は取り敢えず西田に預かってもらい、つくしは司と共に車を待った。
一瞬、リムジンが来るかと身構えたが、西田の運転だからか、来たのは乗用車だった。
乗用車……。見たところ、◯ールスロイスか?
世界の違いに、つくしはクラッとしたが、黙って車に乗り込んだ。
車は全くと言っていいほど音を立てず、滑るようななめらかさで走り出した。

移動の車中では、司が何か言いたげに、つくしを見ていた。
しかしつくしは昼間の疲れもあり、超高級車の乗り心地の良さも手伝って、ついウトウトしてしまった。

そんな、疲れてすぐにコテッと眠ってしまったつくしを見ながら司は、そう言えば学生時代に、同じような状況でイラッとした事があったな、と思い出していた。

大人になった今でも、変わらないつくし。
そんなつくしの無邪気さが、今は愛おしかった。
司はつくしの膝にそっとブランケットを掛け、乗り慣れた、クッション性の良いシートに身を沈めた。


ハッ!
つくしが目を覚ますと、車はすでに道明寺家の敷地内だった。
邸前に車が停車すると、連絡が行っていたのだろう、出迎えのメイドが数人、中から現れた。

「おかえりなさいませ!!お待ちしておりました。大至急、中へお入り下さい。」

メイド達のただならぬ様子に、つくしは、あれっ?と思ったが、久しぶりに皆に会えると思うと、ワクワクした。

「ほら。手、出せ。」

先に車から降りた司が、つくしに手を差し出してきた。

「あ…ありがと。」

つくしは一瞬、躊躇したが、素直に差し出された手をとった。
グイッ!
手をとった瞬間、強い力で引き寄せられ、つくしは司の胸にぶつかってしまった。

「イタッ!」

固い胸に頰をぶつけ、思い切り司の腕の中に飛び込む形になり、つくしは焦った。
見上げると、悪戯っぽく微笑む、黒い瞳があった。
不意打ちの微笑みに、つくしはドギマギしてしまい、慌てて目をそらし、そそくさと車を降りた。
司は握った手を離す事なく、そのまま歩き出した。

仲良く手繋ぎ状態で入口の大扉をくぐる事になってしまい、つくしはかなり気恥ずかしかった。
出来れば、手を離したかったが、司の方はそんな気は全くないらしく、見せつけるように、ガッチリと手を握ったまま、邸内へと進んで行った。

久しぶりで、いきなりではあったが、道明寺邸の中は、つくしに昔の感情を思い出させた。
もう、遠い昔に感じるあの頃。
確かに自分は、道明寺が好きだった。

そして今でも……。

真っ直ぐに、皆が待っているだろう、邸の大広間へ向かおうとした司だったが、先に車を降りて駐車を他の者に任せ、邸の執事達と話をしていた西田に、止められた。

「司様。ちょっとお話がありますので、よろしいですか。」

さっさとつくしを連れて、皆の前に行きたかった司は、ムッとして問い返した。

「今更何の話だ。話なら部屋の中で聞く。早くそこを通せ。」

「実は、予定の変更がありまして。」

つくしの手を掴んだまま、西田の言葉に、苛立たしげに眉を上げた司だったが、西田の後方の廊下から現れた人物を見て、驚いたように固まった。

司と共に、その場に立っていたつくしも、驚きで大きく息を吸い込んだまま、息が継げなかった。

「司さん。お久しぶりね。急きょ帰宅して見れば、今夜はまた、随分と懐かしい方を連れていらっしゃるようね?」

立っていたのは、ホテル メイプル社長兼CEO、世界を飛び回る鉄の女とも呼ばれる、道明寺楓ーーー厳しい表情で二人を見る、司の母だった。



「チッ。あんたか。」

久々の再会だったが、司はあまり心を動かされなかったようだ。
他の人間だったら、それだけで服従してしまいたくなるような、よく切れるナイフを思わせる怜悧な表情で、目を細めた。

ま…まずいわ。

つくしは、状況のまずさを見て取り、出来るだけそっと、司に握られた手を、外した。
しかしその瞬間、今度は肩を抱かれ、司と並んで楓の前に立つはめになってしまった。

ヒイィッ!!

つくしは、いきなりの状況に、心の中で悲鳴を上げた。
そんな司と、つくしの様子を見て、楓も大体の状況を見てとったようだ。

「あなた……。確か、牧野つくしさんだったわね?」

どこかで、戦いのゴングが鳴り響いたような気がした。



(続く


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



続きを読む
すみません少し遅れます。それから
ただでさえ遅れておりますが。
今回も少し、遅れます。

春休み。長いですねぇ。
でも春休みが終われば、もっと忙しくなる予定。

…続けられるんだろうか。

ちょっと悩んでいます。

学校が始まらないと、わかりませんが。

あっ、今のお話は、ボチボチ書いているので、必ず終わります(*^_^*)
週末明けになるかもしれませんが…アップします。

ところで、桜、咲き始めましたね。
春。いろいろあるけど、やっぱりキレイな季節ですよね。

なるべく頑張りたいとは、思っています。
でも、どうなるだろう。わかりません。

また、連絡致します( ^ω^ )


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 中編ー
(中編)


カフェの座席で向き合う、3人の男性と、一人の女性。
つくしの右側には、司がしっかりと陣取り、自分のものだと言わんばかりに、つくしの座る椅子の背もたれに腕をかけ、残りの二人を厳しい表情で眺めている。

つくしの正面に座る加藤と、後ろからさりげなく回って来た類もつくしの正面に座り、それぞれの品物を差し出した後は、黙って彼女の言葉を待っていた。

「私……。」

決心し、言葉を発したものの、つくしはなかなかその先の言葉を続ける勇気が出なかった。
俯きそうになる自分を、必死で励ます。

ーーあたしは、雑草のつくし。今までどんな場面でも、しっかりと自分で上手く対応して来たじゃない。
三人の視線を、痛い程感じる。
つくしは、心の中で自分を叱咤し、自分を奮い立たせると、パッと顔を上げた。
それからまずは加藤の方を向き、その目を真っ直ぐに見つめると、言った。

「加藤先生。資料、嬉しいです。留学先には、一応カナダを考えているんですが、他の国にも興味はあります。心遣いも、有り難いです。帰ってこの資料、読ませてもらいますね。ありがとうございます。」

次に、類の方を見た。

「花沢類。花束、すごくキレイだね。私には勿体無いくらい。花沢類のおかげで、高校時代も今も、私の心はいつも暖かいよ。またあの非常階段みたいに、ゆっくり話したいな。…これからも、いい友達でいてくれる?」

最後に、司を見た。

「道明寺…。これ、中身を見てみてもいい?」

「ああ。」

つくしは、小箱のフタを開けて、中を見た。
中身は、記憶の中と少し形が変わったものの、変わらない美しい光を放つ、ネックレス。
つくしの心の中に、懐かしい高校時代の思い出が、溢れて来た。

自分では大人になったと思い、必死に頑張っていた。
そんな中、ちょっとした道明寺の大人気ない態度が許せず、ネックレスを返した自分。
まだまだ幼かった。
あれから年月がたち、社会人になり、さすがにもう、子どもとは言われなくなった。
だけど本当に大人になれたのだろうか?

思わず考え込んでいると、ふいに、首にヒヤッとした感触が触れた。
道明寺がネックレスを手に取り、つくしの首に腕を回して、着けていた。

「世界中でこれが似合うのも、オレが女にアクセサリーを着けてやりたいと思えるのも、牧野、オマエだけだ。」

真摯な黒い瞳が、そこにあった。

「道明寺…ありがとう。これ、返してもらうね。まさかまたこのネックレスを着ける日が来るとは思わなかったから…嬉しい。だけど、聞いてくれる?
私、加藤先生にも言った通り、これから留学を考えているの。少なくとも、3年くらいは戻らないつもり。だから…待ってて、なんて言えない。」

「9年も待ってたオレに、それを言うのか?」

「だけど!」

まだ、言葉を続けようとしたつくしだったが、後ろからかかった声で、遮られた。

「申し訳ありませんが牧野様。話の続きは、邸でなさって貰えませんか?それから司様。そろそろ戻られませんと、時間が押しております。」

西田が時計を見ながら、淡々と告げた。


(続く


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


続きを読む