FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、うるわしの御曹司 後編 司BD記念コメディ

〈嗚呼、うるわしの御曹司〉後編 司BD記念コメディ



突然、アームレスリングをする。と言われた類と牧野は、目をぱちくりさせていた。

「なんで脱がないといけないのさ?」

「どうしていきなりアームレスリングなの?!」

類と牧野の声が、重なった。
オレは、類にはにらみをきかせ、牧野には流し目を送りながら、答えてやった。

「類、わざわざ時間を割いてまで、男友達のバースデーを祝いに駆けつけるほど、お前も暇じゃねぇだろ。なのに、牧野に誘われて、お前は来た。なぜ来たのか?その答えは一つだろ。オレと牧野を二人っきりにさせたくなかったからだ。つまり、お前には、自分が牧野とどうにかなりたいっていう、下心があるのさ。
これは、類の俺に対する、挑戦だろ。だからオレは、受けて立つ。と言っても、今さら殴り合いのケンカって歳でもないから、手っ取り早く、アームレスリングだ。
なぜ脱ぐのか?ククッ、決まってんだろ。牧野にオレ達の真剣さを、見せるためさ。
いいか、牧野、よく見てろよ。勝負が終わったら、オレと類のどちらを選ぶのか、決めてもらうからな。
わかったか?さぁ、わかったなら類、さっさと準備しろ!」

類を急かしながら、オレは手早く準備した。
言っとくが、オレはやるとなったら、徹底的にやる。
即席と言えど、出来るだけ本物の試合に近い形でやりたい。

そこで早速内線をかけ、メイド達に必要な物品を持って来させた。
ほどなくして、必要な品物が運び込まれた。
邸内に設置されているスボーツジムから運び込ませた専用のアームレスリング台と椅子、バスタオルとビン入りのミネラルウォーター、品物は以上だ。
オレは腕を回してウォーミングアップをしながら、類と牧野に、声をかけた。

「牧野、お前は審判をやれ。始まりの合図はゴー、どちらかが手の甲を台につけたら、ストップ!だ。・・・おい、類!そこで欠伸してねぇで、さっさと位置につけ!」

振り返ると、類は全然気乗りしなさそうな様子で、ふわわ、と欠伸してやがった。
だが、類のそんなポーズに騙されるオレじゃねぇ。
類は絶対に、やる。

そう確信するオレの考えを裏付けるように、類はおもむろに席を立った。

「もう、仕方ないな。牧野の事になると、すぐに血相変えるんだから。アームレスリングなんて汗くさいの、俺の趣味じゃないけど、司のバースデイだからね。付き合ってあげるよ。」

類は髪をかき上げると、着ていたシャツを脱ぎ、ベッドに放った。
その仕草は、男のオレから見ても色っぽく、牧野を見ると、完全にどぎまぎしている。
クソッ。負けられねぇ。
類と牧野にとっては遊びかもしれねぇが、オレは本気だ。

「勝負は3回だ。じゃ、始めるぞ。」

類とオレは台の両側に座り、手を組み合わせた。

「行くわよ・・・ゴー!」

グググググッ!!!

類はいつも物憂げな態度をとっていてひ弱な感じがするが、それはあくまでもポーズに過ぎない。
シャツを脱いだ類の腕は意外に逞しく、無駄な贅肉の無い腹も引き締まっている。

ハァ・・・ハァ・・・

二人の呼吸が、次第に荒くなってきた。
懸命に力を込めるが、なかなか勝負がつかない。
オレは渾身の力を込めて、類の腕を押し返した。

「ストップ!」

牧野の声が響き、やっと勝負がついた。
やった!
ギリギリのところだったが、オレの腕は、何とか類の腕を、押し倒すことが出来た。

ふふん、どうだ、オレの実力は。

続いて場所を入れ替え、第二戦。
今度も、僅差でオレが類の腕を倒した。

第三戦。

さすがに類も悔しいのか、前の二回よりも、力がこもっている。
だが、ここまできて負けるワケにはいかない!
オレは、ここが正念場とばかりに、ググッと腕に力をこめた。
汗が噴き出てきて、こめかみからアゴに伝った。
類も苦しげに呻き、汗が額に浮かんでいる。
よし!今だ!
ほんの一瞬の隙をつき、オレは一気に腕に力を込めた。

「ストーーップ!!」

気がつくと、オレの腕は、類の腕に覆い被さるように、ねじ伏せていた。

「ハァハァハァ・・・もう、野獣にはやっぱり敵わないよ。」

悔しそうな類のつぶやきが聞こえたが、このオレと勝負してここまで持ちこたえるあたり、類も常人じゃない。
並の奴らなら、コンマ1秒でノックアウトだ。
オレは得意満面で、向き直った。

「どうだ。見たか牧野?さぁ、約束通り、オレと類のどっちを選ぶのか、決めてもら・・・・・。」

言いかけて、言葉が宙に浮いてしまった。

・・・・・い、いねぇ!

牧野の姿は、すでにアームレスリングの台のそばに、無かった。

どこだ?
見回すと、牧野は部屋の隅で、何かゴソゴソしていた。

「おい。」

声をかけると、牧野は何かの包みを手に、こちらを振り返った。
そしてニッコリ笑うと、包みを差し出した。

「さすが、道明寺はやっぱり強いね!お誕生日おめでとう。これ、あんたのバースデープレゼントだよ。」

差し出された包みを、オレが受け取ろうとすると、牧野のやつ、いきなりバリバリと、包みを開け始めた。

ふつうプレゼントを、渡す前に自分で開ける奴がいるか?

オレが呆然としている間に、牧野は中身を自分で取り出し、「じゃん!」と言いながら、広げて見せた。
それは、手編みのセーターだった。

オレンジに近い明るい茶色に、オフホワイトと焦げ茶の太いボーダー柄が入っている。

「あんた、野獣みたいだから、ライオン色ね。」

そう言いながら、気がつくと頭からすっぽり、その手編みのセーターを着せられていた。

「良かった、サイズもぴったり!」

そう言ってニコニコと嬉しそうに笑う牧野に、オレはすっかり毒気を抜かれてしまった。
・・・あったけぇ。

素肌に直接着ているが、上質な毛糸を使っているのか、チクチクする事もなく、セーターはオレをほっこり温めてくれた。
だが。
いけね、汗をたっぷりかいていた!
慌てて、脱いでいいか聞こうと、オレは顔を上げた。

そして見た。

牧野はなんと、包みをもう一つ取り出し、それもバリバリと開けると、中身を、今度は類に着せかけていた。
もう一つの包みの中身は、オレのと色違いのセーター。
渋めの緑に、同じくオフホワイトと焦げ茶の、太めのボーダー柄が入っている。

「類のは抹茶ミルクラテ色ね。」

なんて言ってやがる。

ムカムカムカ。

牧野の手編みのセーターを着ている類を見ると、無性に腹が立った。
何で、類の分もあるんだ?

額に青筋をたてているオレを知ってか知らずか、二人を見比べると、牧野は言った。

「うん、こうして見ると、道明寺と類でおそろの、双子コーデしてるみたいだね!」

オレと類が、おそろ?
オレと類が、双子コーデ?

ピキ。

「ありえねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


こうして、完全に毒気を抜かれたオレは、今日も牧野に完敗した。

牧野、覚えてろ。
次こそは、オマエをオレに、骨抜きのメロメロにしてやるからな!!
暖かいセーターに、牧野のぬくもりを感じながら、オレは密かに、心に誓ったのだった。




ちゃんちゃん。




(嗚呼、うるわしの御曹司 司BD記念コメディ おわり)



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村





☆☆☆

訪問ありがとうございます。
や、やっと司BD記念が終わりました。
楽しんで頂けましたか?

次回からは、またぼちぼち連載に戻ろうと思います。
2週間後くらいにアップできるように、頑張ります。
それでは、また!
スポンサーサイト

- 2 Comments

はなじょ  

面白かった!

良い感じ

2018/02/20 (Tue) 07:26 | EDIT | REPLY |   

チムチム  

はなじょ 様

お、その言葉、待ってました!
おだてられるとすぐに木に登るタイプなんで(笑)
やっと司BD終わりました。
さて次はいつになることやら?

2018/02/21 (Wed) 00:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ランキング

ブログ村ランキング

NEXT
嗚呼、うるわしの御曹司 中編 司BD記念コメディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。