FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司とつくしの小夜曲 番外編 イラスト付き



〈哀切の道明寺 ① 月夜のニューヨーク〉





画像提供:すてら様
禁 無断転載




司は、マンハッタンに構えるオフィスの窓から、窓の外を眺めていた。
目の前には、エンパイアステートビルがそびえ、煌めく幻想的な光は見る者を、ともするとここはどこかのテーマパーク…夢幻の世界へ迷い込んだのではないかとさえ錯覚させる。

しかし振り返ればそこにあるのは無機質なオフィスだけ。
司は、眼下の光の渦の中のどこかに彼女がいるのではないかと、想像してみた。

『ねぇ、見て見て道明寺、こっちもライトアップされてるよ!すっごくキレイだね。こんな場所を歩けるなんて、幸せだな。あっ!あそこに何かお店が出てるよ。道明寺、見に行ってみようよ!』

大きな瞳をキラキラさせながら燥ぐ牧野の姿。
司は目を細め、彼にしては珍しい、温かみのある微笑みをその顔に浮かべた。

そう。
彼女は…牧野は今、ニューヨークにいる。
いや、正確に言えば、一年間の約束の通り、司が日本での仕事にケリをつけ、楓の元でプログラムをこなすつくしの側へ、仕事の中心を移したのだった。
同じニューヨークにいるとは言え、全く違うスケジュールで動く二人、しかも司は激務に追われているため、会うのは容易では無かった。
しかし…たとえ会えなくても、この賑々しい光の洪水の中にたった一つ灯る、街灯のような小さな光。
これほどの絶景を独り占めしながらも、彼の心を本当に照らす事が出来るのは、その小さな光だけだった。

彼は電話を取り、表示された画面をタップした。

トゥルルル…
トゥルルル…
トゥルルル…
トゥルルル…
トゥルルル…
トゥルルル…
トゥルルル…

出ねぇ。

司が諦めて、また後ほどかけようとした時。

カチャ。

「もしもし…道明寺?こんな時間にどうしたの?夜中の一時だよ?あたし、明日は早朝から講座があって…」

「今からそっちへ行く。」

「へっ?!今から?あたしパジャマだよ!」

「部屋に行くんだから心配すんな。それよりパジャマって、日本から持って来たあのペラペラの、ピエロみたいな赤の縦縞のヤツか?楓のババァが荷物チェックした時、これは捨てなさいと言われてただろ。」

「うっ…確かに言われたけど…ネグリジェってスースーして落ちつかないし、寝る時くらい好きなのを着てもいいかなって。昼間はスーツかドレスかばかりで肩凝っちゃって。」

「いいか、俺がそっちへ行くまでに、今晩だけでいい。ババァから貰ったネグリジェに着替えておけよ。ピエロみたいなパジャマだけは勘弁してもらいたいからな。」

「わ、わかったわ。今晩だけなら…」

「じゃ、今からオフィスを出る。明日朝は一緒に出勤だな。」

「えっ?ちょ、ちょっと!」

「…今夜は、月が綺麗だな。」

「えっ!そうなの?」

気づいていなかったらしい彼女の様子に苦笑しながら、彼は言った。

「日本では、月見ってのをやるじゃないか。今夜はそれにうってつけだ。二人で月を眺めて語ろうぜ。」

そう断言すると司は電話を切り、心の中で(そのうちネグリジェに慣れさせてやるさ。俺が毎晩側にいるんだからな…。)と決心した。
それからおもむろに、迎えを呼ぶための内線をかけはじめた。






(哀切の道明寺① 月夜のニューヨーク 完)


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村







☆☆☆


イラストサイト「花のいのちはけっこう長い」のすてらさんから、超ステキな画像を強奪し、いえ快く提供して頂きました。
そこで急遽、番外編書きました(*^_^*)。
明日、別バージョンもアップします。勿体ないので少しずつ(笑)

スポンサーサイト

- 6 Comments

すてら  

おはようございます。

飾っていただいてありがとうございます。
素敵なお話もつけていただきとても嬉しいです。

こちらは爽やかな秋晴れです。

2017/10/09 (Mon) 09:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/09 (Mon) 10:18 | EDIT | REPLY |   

チムチム  

すてら様

こんにちは(^_^)
イラストが素敵すぎて、何度見てもウットリです。
窓からの眺め、きっと絶景でしょうね。
明日はもう一つのバージョンを、アップさせて頂こうと思います。
劇場付きです(笑)
本当にありがとうございました!!

2017/10/09 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

チムチム  

※an※aru*様

お疲れ様ですーm(_ _)m
色っぽいですか?
うふふふ、司くんはネグリジェがお好み?以外といやらしかったりして。
そうですよね、私も暇してるんだけど…電話来ないなぁ(笑)

2017/10/09 (Mon) 22:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/15 (Sun) 01:45 | EDIT | REPLY |   

チムチム  

※ach※ 様

こんにちは(^_^)
お返事、大変遅れました(T_T)
懐かしの、つくしと司の小夜曲、です。
すごくステキなイラスト頂いたので、似合うお話をつけたくなりました。
同じニューヨークにいる、司とつくし。
しかも楓さん公認!
司にとっては、もう最高に幸せな状況だと思います。
月夜をみて、居ても立っても居られなかったんだと思います。
この後は、二人で甘〜い時間を過ごしたんでしょうね(^_^)
コメント嬉しいです。ありがとうございました!!

2017/10/23 (Mon) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ランキング

ブログ村ランキング

NEXT
司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ 完結編 おまけー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。